一般的なプチ豊胸はヒアルロン酸注入

一般的なプチ豊胸はヒアルロン酸注入

このヒアルロン酸はシミを薄くしましたり鼻高手術の時に使われるもので、それ利用して豊胸を行いるので、大阪でも同じです。プチ整形は豊胸手術にもあるのです、一般的なプチ豊胸はヒアルロン酸注入ですよね。ヒアルロン酸でのプチ豊胸は施術時間や持続時間、コストなどから見てもちょっと問題の有るものでした、それで新しく現れたのがSUB-Qということであるね。豊胸後は殊にマッサージなどの特別なケアはしないとしましても平気ですよ、もちろん手術時は麻酔を気丈夫とかけますので無痛です、時間は20分くらいと思っておくこと。この時に当てるヒアルロン酸量は100t〜200tで1カップ、1.5カップ程のバストアップ効果が望めるものでしょう、なので今よりもとっても大きくやりたいといいますのでではなく、若干のボリュームアップさせてみたい方向きですよね、その他にもSUB-Qというものを豊胸手術では使用しますが、人体の皮膚や細胞に存在するムコ多糖類の一種でヒアルロン酸が成分のものです。SUB-Qの持続効果は約3年間あって、分子もヒアルロン酸に比べて大きい為に重宝されます。

トップへ戻る